大判スキャナの市場を常にリードするカラートラックは読み取り速度を大幅に更新する生産性に優れたスキャナを市場に投入しました。

超高速データ転送、USB3.0 PCインターフェースを採用しSmartLF SCスキャナと接続することで大容量の画像データを高画質で高速に読み取ることを可能としました。

さらに当社の誇る”スキャンワンス”テクノロジーはたった一度のスキャンで読み取った画像にさまざまな編集を施すことができ、何度もスキャンし直したりする手間を省き、作業にかかる時間を大幅に削減します。

また、プロ仕様、SmartWorks Proソフトウェアのバッチスキャン機能はワークフローの向上に貢献し、生産性を高めます。オペレータがすることはバッチスキャンのボタンを押し、スキャンする原稿にあわせたプリセットを選択するだけ。あとは原稿をスキャナに挿入するだけでSmartLFスキャナが自動的にスキャンを開始します。

自動サイズ機能が原稿の幅を自動的に検知し、スキャナがスキャンする原稿のサイズに合わせて自動的に画像を保存します。違うサイズの原稿を大量にバッチスキャンする場合などそれぞれの原稿サイズを設定したりする必要はありません。また、スキャンした画像に対し、さまざまな編集が行え、バッチスキャン中でも原稿を再度スキャンし直したりすることなく、一度のスキャンで即画面上の画像に編集を施し、保存し、次の原稿のスキャンに進めます。

SmartWorks ProソフトウェアでSmartLF SCスキャナを制御し、数々の自動機能を利用することで作業にかかる時間を大幅に削減し、生産性の向上に貢献します。