SmartWorks Proソフトウェア 、 一つの操作画面で2種類のアプリケーション

SmartWorks Pro は、大判サイズまでの原稿にフルに対応することが可能な生産性に優れたツールです。優れた操作性を実現しているため、どなたでも導入設置後すぐに高画質なカラーデータを作成することができます。 SmartWorks Pro シリーズは大判スキャナSmartLFシリーズの別売オプションとして、2つのバージョンが用意されています:

  • SmartWorks Pro SCAN – スキャン機能のみ
  • SmartWorks Pro SCAN & COPY – スキャン、コピーの機能をフルサポート。スキャンと同時にコピーが可能

NEW  – 「蛍光ペン」「鉛筆画(トレぺ)」プリセット機能の追加

SmartWorks Proの最新バージョン(v1.7)には2つの新しいプリセット機能が追加されました。当機能はSmartLF SCシリーズ(シングルセンサー方式)、SGシリーズ(CCD方式)のスキャナでご利用になれます。蛍光ペンでマークされている画像やトレーシングペーパーや半透明紙などに鉛筆書きされている原稿のスキャンに最適な調整がされてあるプリセットを利用することで面倒な設定をすることなく即スキャンすることができます。このプリセットはユーザーによる調整が可能です。

PDF/A

スキャンした画像を長期デジタル保存が可能な標準PDF/Aに保存することができます。

新機能 「画像オフセット」 – コピー時に余分なスペースを取り除く

最新バージョンのSmartWorks Proには「画像オフセット」機能が追加され、プリントやコピー時に不要なデジタルマージンの情報を削除することによりスキャンした画像データに影響を与えることなく用紙サイズに合わせてコピー出力することができます。これまでのようにオリジナルのCAD図面をプリントする際にそれより幅広のロール紙に変えたりする必要がありません。画像を縮小したりすることなくオリジナルと同じサイズでプリントすることができます。

EPSON SureColorシリーズ向け 内蔵プリンタドライバ

SmartWorks ProにはEpson SCプリンタシリーズをサポートする内蔵ドライバが搭載されています。この内蔵ドライバの使用でファーストコピータイム(FCOT)にかかる時間を最小に抑えることができます。製造元のWindowsドライバの使用と比べより正確な画像の配置、倍率、方向性をご確認いただけます。

PDFファイルを開く

SmartWorks Pro v1412ではPDFにスキャンした原稿をチェックし、必要であれば他のファイルフォーマットに再度保存することができます。Adobe Acrobatでは200インチ以上の長さの原稿を表示することをサポートしていないので特に便利な機能となっています。

AutoCAD DWFフォーマットへのスキャン

SmartWorks Pro ではテクニカル市場で人気のあるAutoCAD Design ReviewやDWFフォーマットにスキャンすることができます。DWFの画像はこのソフトウェアを使用している他のユーザーと共有することができ、ファイルを開いたり、設計図や図面などにマーカーで印をつけたり書き込みをしたりする事ができます。AutoCAD Design ReviewはAutodeskのウェブサイトからダウンロードすることができます。SmartWorks ProのDWFファイルはラスターデータのみを含みます。

簡単な操作を可能にするユーザーインターフェース

マウスまたはタッチスクリーンに対応するモニタを使って、直観的に操作が行えるユーザーインターフェースを採用しているため、読み取りが簡単なスキャン業務から、高度な画像編集を要する業務まで幅広い分野でご利用いただけます。

斬新なテクノロジー、「スキャンワンス」の優れたワークフロー

当社独自のテクノロジー、「スキャンワンス」 を搭載することで、繰り返しスキャンすることなく画質の調整が行えます。原稿を何度も移動させながら画質の調整を行う従来の方式と比べスキャン作業にかかる時間を大幅に削減し、生産性を高めます。さらにスキャンする回数を減らすことにより貴重な原稿や破れやすい原稿などのスキャンを最小限に抑えることができ、原稿の保護にもその性能を発揮します。

10種類のプリセット

当ソフトにはあらかじめ10種類のプリセットフィルタが用意されて います。これらプリセットの設定には主要なパラメータが割り付け られており、瞬時に使いたい設定を選択することができます。スキ ャニングに慣れていないオペレータにも優しい設計となっていま す。また、細かい設定を要する原稿用にはマニュアルでパラメータ を設定し、新たにプリセットを作成、保存することもできます。

大量にある原稿のデジタル化作業に最適

SmartWorks Proのマルチページドキュメント管理機能はTIFF、また はPDFの一つのファイルの中に複数のそれぞれ違ったファイルフ ォーマットの画像を統合することができ、効率的な画像ファイル管 理、またスムーズなワークフローに貢献します。この機能を使用し 次のことが可能になります。

  • 従来通り個々の画像の編集や品質の確認ができる
  • JPEGやTIFF、モノクロやカラーのそれぞれ違うフォーマットで 違うデータサイズのドキュメントを一つの独立したファイルに 統合することができる
  • 長いPDFの原稿を取り込める
  • スキャン画像作成後にマルチページに統合するためスキャン中 に作業が滞ってもファイル全体を削除することなしに処理するこ とができる
  • マルチページドキュメントはスキャン処理とは別の環境で作成 されるため特別なスペックを持つコンピュータを必要としない
  • 全てのドキュメントを再度スキャンすることなしに新しい画像を追加することができる
  • 別ファイルからTIFFやJPEGの原稿を挿入することができる

マルチページTIFF、またはPDFのドキュメントに保存する前に必要 に応じてTIFFやJPEGの原稿を選択したり、ドキュメント内の原稿のページを変更したりすることができます。PDFのマルチページドキュメントを表示する際はAdobe Acrobat、または同等のソフトウェアがインストールされていることをお勧 めします。TIFFのマルチページドキュメントを表示するには複数のTIFFファイルを閲覧することができるアプリケーションが必要にな ります。高度な「自動サイズ検知機能」もスキャン業務の高い生産性に貢献します。スキャナに原稿をセットすると原稿のサイズを検知し、自動 的にスキャンのパラメータを設定します。さらに原稿を検知すると自動的にスキャンを開始する「連続スキャン機能」は複数、または大量のバッチスキャンに最適でオペレータの業務を軽減します。また「連続スキャン機能」と「ファイル名の自動設定」の併用はオペレ ータが設定したファイル名の後に自動で連番、またはタイムスタン プを追加し、それぞれ個別のファイル名を自動的に作成し、生産性の向上に貢献します。「上書き」の制御方法もオプションから選択す ることができます。これらの機能を活用することでオペレータの作業を軽減しながら大量のデジタル化作業を効率的に行うことがで きます。

スキャンの画質を考慮したデザイン

スキャン画像の品質は常にオリジナルの原稿の状態に依存します。完璧なスキャンでコピーを必要とされるなら完璧な状態を保つオリジナルが必要になります。現実にはオリジナルの原稿は年代とともに劣化し、破れていたり、シミがついていたり、手書きで書き込まれたりしています。このような原稿のスキャンに当ソフトはその機能を発揮します。 例えばシミがついて破れた原稿、または古い青焼きのオリジナルの原稿をくっきりとしたモノクロの画像で復元し、最小限のファイルサイズで保存したい場合、当ソフトは複数の方法でこのタスクを可能にします。しきい値調整機能の白黒2値処理の機能を利用し、白をより白く、黒をより強調することにより、劣化して消えかかったデータでさえくっきりと読みやすい画像として再現することができます。 またバックグラウンド(地肌)の調整には高度最適化しきい値を使用することでフォアグラウンド(データ)とバックグラウンド(地肌)のデータを最適なコントラストに調整することができます。この機能はたった一度のスキャンで調整することができ、リアルタイムにその効果を確認することができます。

ファイルサイズマネジメント

JPEGやPDFファイルを選択し、スキャンする時にファイルサイズと画質を設定することができます。画質の設定はスキャンをする前に設定、またはスキャン後に画像編集機能を使って変更することができます。モノクロのTIFとPDFファイルの画質とファイルの圧縮レベルは最大に設定されており、ロスレス圧縮を使い圧縮されます。

カラーマネジメント

当ソフトはカラーの表現力でもその機能を発揮し、美しいカラーでの復元を可能にします。ICCカラーマネージメントをSmartWorksProのビューワに取り込み、さらにIT8ターゲットを使用し、スキャナを高精度なカラーでプロファイルすることでスキャン画像とプリンタで出力される画像の高度なカラーマッチングを実現し、精彩なカラーを作り出します。当ソフトはプロファイルの情報を画像データに組み込み、画像がSmartWorks Proで再度開かれた時、また色の調整が行われたプレビュー画面のビューワで開かれた時に高精度でそしてオリジナルに忠実な色で画像を表示します。スキャン画像に色の変更などを行った場合、最終的に出力される画像の色の精度を色調整がされたプレビュー画面で瞬時に確認することができます。

プリンタドライバ

SmartWorks Proスキャン&コピーソフトの使用で大判サイズに対応するプリンタと連動し、大判サイズのコピーができます。標準のWindowsプリンタドライバを使用し、選択されたプリンタメーカのプリンタでデータを出力することが可能です。Windowsのプリンタドライバによっては用紙管理のオプションやカラープロファイルの選択オプションに制限がある場合があります。SmartWorks Pro内蔵プリンタドライバを使うことで、出力用メディアに合わせたプリンタプロファイルを作成したり、また正確なコピーサイズの設定や用紙の無駄を軽減する機能を制御するこ とができます。さらに大判CAD用プリンタと連携し、プリントの処理が行えるようにスキャン画像をホットフォルダにTIFFファイルとして保存することができます。この機能によりフォルダに保存されたすべてのスキャン画像は自動的に認識され、プリンタドライバを使用せずにCADプリンタで出力できます。(CADプリンタがホットフォルダ、またはRIPに対 応していることが条件になります)

SmartWorks Proソフトウェア – 主な機能

 SC 25 Xpress、 SC 36 Xpress、 SC 42 Xpress、Gx+28、Gx+42、Gx+56、SC25、SC36、SC42、Ci 241, Ci 401スキャナでお使いいただけます。

一つの操作画面 – 2種類の構成
  • SmartWorks Pro SCAN (スキャン専用)
  • SmartWorks Pro SCAN & COPY  (スキャンとコピー機能をフルにサポート。スキャンと同時にコピーが可能)
マウスとタッチスクリーンの併用 タッチスクリーンでの操作、またはマウスでの操作が可能(操作内容によって選択が可能です。ソフトウェアのデフォルト設定を主に使用する場合はタッチ操作、プリセットの設定を変更したり各種設定の詳細を変更して使用する場合、マウスでの操作をお勧めします。)
Windowsプリンタドライバによる環境をサポート
  • 導入後にすぐに使えるカラーコピー環境
  • Windows OSに準拠するプリンタドライバを使用して出力
スキャンワンス
  • スキャン後即画像の編集が可能
  • 再スキャンせずに画質の調整が可能で原稿を保護
  • 画質調整にかかる時間を短縮し、生産性を向上
豊富な自動機能
  • 自動で原稿サイズを検知
  • 自動で連続スキャン(バッチスキャン)
  • 自動でスキャンを開始
  • 自動でファイル名を作成 (日付とタイムスタンプをファイル名に追加)
  • 自動でファイルを保存
  • 自動傾き補正(スキャン後の傾き補正は原稿への負荷を最小限に抑えます)2
先進の編集機能
  • エリアの拡張(スキャンした画像の外側にエリアを拡張してプリントが可能)
  • 傾き補正(スキャン後の傾き補正は原稿への負荷を最小限に抑えます)
  • 4-Vu(マルチビューワ – 4か所のエリアを自動で拡大表示。画質の確認ができます)
  • 高速ビューワ(目的にあわせてカスタマイズできます)
  • 10種類のプリセット(よく使われる原稿に最良の画質をもたらす10種類のプリセットフィルタ)
多彩な白黒モード
  • グレースケール(8ビット、256諧調)
  • 2値(読みとりが簡単な原稿)
  • 高度最適化しきい値(読みとりが困難な原稿)
  • ディザ(フォト、線画、線画と画像の混在)
  • 劣化した原稿の復元
カラーマネージメント
  • 高度なカラーマッチング処理
  • スキャナとプリンタのプロファイルの作成(忠実な色の再現)
  • スキャナからraw RGB,、プロファイルRGB、sRGB、Adobe RGB色空間データをキャプチャ
  • キャリブレーションされた画面上での画像表示(サードパーティー製のソフトウェアが必要)
  • RGBプロファイルを埋め込みながらスキャンデータを保存することが可能
  • プリンタプロフィルの作成が可能(使用するメディアごとに最適な状態でカラー出力が行えます)
  • 画質の調整値を保持(スキャンやコピーの繰り返し操作に有効)
充実の機能と最適化された操作画面
  • 初めてのユーザーでも簡単に使えるスキャン設定
  • 簡単な操作で多種多様な原稿や画質調整にもフルに対応
インデックス付きヘルプファイル(電子取扱説明書
  • 日本語、ならびに多国語に対応
  • 知りたい内容をサーチ機能で検索
サポートするファイルフォーマット TIFF、 TIFFパックビッツ、 TIFF LZW、 TIFFG3、 TIFFG4, JPEG3、 JPEG20003、 PDF3、 PNG、 BMP4、 PCX4、 またはPDFファイル用マルチページ ドキュメント、AutoCAD、DWF5
最大スキャン長さ TIFFフォーマット  – TIFFプライマリスキャンデータは最大4GBまで対応します。(幅約841mmのRGBスキャンの場合、200dpi時で約25m、または400dpi時で約6.3m ) 幅がこれより狭い原稿の場合、同じ解像度でスキャンした場合、最大スキャン長さは長くなります。JPEG & PDF –  長さ65535ドット数まで、またはプライマリスキャンデータ4GB(先にこの最大数に達したほうが適用されます)まで対応します。 最終スキャンファイルは実際には4GBより小さくなります。 長い原稿はSmartWorks Proのマルチページドキュメントを使用し、PDF、またはTIFFのフォーマットにスキャンデータを作成することをお勧めします。
最大コピー長さ マニュアルサイズモード – プリンタメーカーにより異なります。 オートサイズモード – プリンタの種類によって異なります。 (通常はマニュアルサイズモードより短くなります)
10種類のプリセット よくスキャンする原稿用にスキャンパラメータが設定できる10種類のプリセット
画像オフセット コピー時に画像の周りの余分なマージンを取り除くことができます。用紙サイズと同じサイズの画像を用紙一面にコピーする時に画像の位置を設定できます。プリンタのデータのみが削除され、スキャン画像データには影響はありません。
マルチページドキュメントマネジメント TIFF、またはPDFの一つのファイルの中に複数のそれぞれ違ったファイルフォーマット(JPEG、TIFF、PNG、モノクロやカラーファイル、大判の原稿や小さいサイズの原稿など)の画像を統合することができます。
オペレーティングシステム Windows 8、Windows 7、Windows Vista オペレーティングシステム6.
注記 1. SmartLF Ciシリーズは型番号がD2xxxxxxxxから始まるスキャナに対応します。 2. 自動傾き補正の機能は現在SmartLF Gx+シリーズのみサポートします。CAN19にこの機能の制限について詳しく説明しています。 3.画質やファイルサイズはスキャンの前と後に設定できます。モノクロのPDF 画像は画質を優先し、固定圧縮形式を使用しています。  カラーの小さいサイズの画像に対してはJPEGのさまざまな圧縮形式を適用します。 4. BMP (RGB 24-Bit, sRGB, Adobe RGB and 256 color), PCX (RGB 24-bit, sRGB and Adobe RGB) 5. DWFファイルはユーザーによる制御が可能なCADユーザー向け圧縮ラスタースキャンフォーマットです。 6.  Windows XPやUSB3, またはコンピュータの操作環境に関してはSystem Requirementsをご参照ください。 スキャンアプリケーション、またはユーティリティプログラムは一度に一プログラムのみ起動できます。
 

 

 

操作性

  • 一つの操作画面で2種類の構成 SmartWorks Pro SCAN (スキャン専用) SmartWorks Pro SCAN & COPY  (スキャンとコピー機能をフルにサポート。スキャンと同時にコピーが可能)
  • タッチスクリーンでの操作、またはマウスでの操作が可能(操作内容によって選択が可能です)
  •  使いやすい操作画面で初めてのユーザーでも簡単に使えるスキャン設定。プロの仕様にも簡単な操作画面でフルに対応します。

プリント出力

  •  SmartWorks Pro SCAN&COPYでは2つの異なった方法により、スキャンしたデータをプリントしたり、また直接コピーをすることができます。ご利用になられるPCにインストールされるWindows™ 対応のプリンタドライバを使用することができ、SmartWorks ProはこれらWindows™ドライバが持つプリントの制御とプリンタのメーカ各社が供給する独自のICCプロファイルを使用してカラーマネージメントを行うことができます。カラートラックが供給するソフトウェア内蔵のドライバを使用すると、大抵の場合スキャナが原稿を読み取っている間に、データがプリンタに転送されます。またオペレータはWindows™ドライバの中で、用紙サイズの設定を変更したり、数多くの設定をする必要はありません。これら2つの特徴により内蔵ドライバを使ってより効果的な運用が可能となります。カラートラックでは、現在次のメーカの内蔵ドライバをサポートしています。 キヤノン、エンキャド、エプソン、ヒューレットパッカード、武藤工業

生産性

  •  スキャンワンス機能で再スキャンすることなしにスキャン後すぐ各種画像調整が行え、生産性を向上します。
  •  自動原稿サイズ検知、自動傾き補正、自動でファイル名の作成、自動でファイルを保存する機能など豊富な自動機能を持ちます。
  • よくスキャンする原稿用にスキャンパラメータが設定できる10種類のプリセットをご使用になれます。

 先進の編集機能

  • スムーズに画像の傾きを補正する機能
  • スキャン画像に外枠を付けエリアを拡張する機能
  • 4か所のエリアを自動で拡大表示するマルチビューワ機能(画質の確認に効果的)
  • 画像をくっきりさせるシャープ化の機能
  • TIFF、またはPDFの一つのファイルの中にマルチページドキュメントとして複数のそれぞれ違ったファイルフォーマット(JPEG、TIFF、PNG、モノクロやカラーファイル、大判の原稿や小さいサイズの原稿など)の画像を統合することができます。マルチページPDFファイルは最初のページのみ開くことができます。
  • 豊富な白黒モード – グレースケール(8ビット、256諧調)、2値、高度最適化しきい値、ディザ機能を使い、劣化した原稿の復元ができます。

カラーマネジメント

  • 先進のカラーマネージメントで高度なカラーマッチングを実現します。RGBプロファイルを埋め込みながらスキャンデータを保存することが可能です。さらにプリンタプロフィルの作成が可能で使用するメディアごとに最適な状態でカラー出力が行えます。

ローカリゼーション

  • インデックス付きヘルプファイル(電子取扱説明書)は日本語、ならびに多国語に対応します。知りたい内容をサーチ機能で検索できます。