お知らせ, プレスリリース November 15th, 2011


2011年12月-大判スキャナに関連する市場をたえずリードする製造メーカ カラートラック  は、同社の営業年度末月である2011年4月30日付けで、販売総台数ならびに当期の収益、純利益ともに過去最高の実績を記録したことを発表しました。決 算報告の中ではOEM製品(相手先ブランドにより販売する製品)の販売を除き、カラートラック自社ブランドのSmartLFシリーズが全世界で対前年比 41%増を達成したことが報告され、またカラートラックグループの当期における連結業績については、収益が対前年比24%増(1418万ドル)、税引前利 益20%増となっています。

 

この急成長をもたらした業績について常務取締役であるPeter de Winter Brown はこう述べています。「過去2年間における世界全域での経済不況は、様々な市場に大きな打撃を与えました。しかしながら、当社では 中国蘇州に生産拠点を持つことで価格競争力のある製品を作り出す生産体制や、蘇州の工場と当社共同で行われる要素技術の開発などに、長い期間投資してきた 結果、今日お客様が要求する品質、機能、実用性、コストパフォーマンスを統合した製品を好機に市場投入することができました。これら業績と マーケットシェアの拡大は当社の戦略商品の開発や事業の方針によるものであることを確証しました。またこれらは当社が今後継続して市場を拡大するための基礎を築いています。」
更にピータは述べています。「当社が開発したSmartLFスキャナに盛り込まれた戦略的で斬新なアイデアや高品質性をお客様にご評価いただき、ご満足頂いていることに大変喜んでおります。先新のテクノロジーを誇る当社の製品がどのように生産性を上げ、業務を拡大させるかお客様には容易 にご理解いただけると思います。この困難な経済環境でさえ、当社では急速に事業を拡大させながら、次世代の製品の開発に投資しています。利益を将来の商品開発に投資できることにより継続した事業拡大を確かなものにしています。」

Comments are closed.