お知らせ, プレスリリース November 18th, 2010


2010年10月-大判スキャナに関連する市場をたえずリードする製造メーカ  カラートラック は、2010年10月26日より、国内における正式な事務所を横浜にオープンすることを発表しました。当社は研究機関や科学技術の中心地として知られる UKの都市、ケンブリッジ州セントアイブス(St. Ives)に本社機構と製造拠点を持つ他に、中国の北京と蘇州、北米ヴァージニア州のチャンティリに拠点を持ち、大判スキャニング、コピーに関わるソ リューションをグローバルに展開しています。日本における新たな拠点は、国内の代理店をサポートする機能のみならず市場調査や国内のユーザ、またはパート ナ各社へ情報を発信する基地として位置づけられています。

横浜にオープンする日本事務所 は、同市内/県内においても現在開発が目まぐるしい横浜駅東口のポートサイドエリアに設置されます。当 事務所が入居するビル(YCS 以下横浜クリエーションスクェア12階)はJR横浜駅に隣接したオフィスビルで、横浜開港150年の歴史にふさわしいモダ ンな外観とカフェテリアとして一般に公開される開放的なアトリウムを備えたオフィスビルです。また都心からの交通アクセスにも便利なロケーションとなって おり、オフィスは自社が誇る豊富なラインナップの展示やベンチマークテスト、イベント、トレーニング等多目的に活用される予定です。(カラートラックジャ パン日本事務所 〒221-0052横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクェア12F 1203 TEL 045-548-6991 FAX045-548-6992)

また当社では日本事務所の開設に伴い、サポート活動の強化を図ります。国内における技術サポートを統括するテクニカルサービスマネージャ山下 徹を起用 し、当社大判スキャナや周辺ソフトウェアに付随するサポート業務全般と代理店が組織する技術サポートグループや保守サービス会社との連携を果たしてまいり ます。

「日本で古くから貿易と商業で栄えてきた横浜という都市に、カラートラックの新しい拠点を持つことは当社にとって好ましい事です。新宿駅または東京駅方面 からの交通アクセスもよく、オフィスに来社されるお客様方々に港横浜の素晴らしい雰囲気を味わっていただけたらと考えます。また当社ではユーザサポートの 向上に焦点を当てた活動をしております。日本事務所の開設により当社の販売代理店ならびに当社製品を取り扱うパートナ各社へ充実した技術サポートがご提供 できると確信しています。」 米国の最高責任者で国内市場も同時に統括するMalcolm Laneはこう述べています。

Comments are closed.