既存の大判プリンタにカラートラック大判MFPを増設して大判コピーシステムを構築する

Articles August 2nd, 2013


複数の機能を一つのデバイスに搭載した複合的な多機能周辺装置(Multifunction peripherals)はここ数年、オフィス内でもよくみられるようになりました。通常MFPにはスキャナ、プリンタ、コピー機が統合されています。このMFPは大判市場でも需要が高まり、一般的になりつつあります。

線画に最適なスキャナを選ぶ

Articles August 2nd, 2013


地図などの読取りに最適な「線画用スキャナ」はくっきりとしたシャープな線画などを要求される様々な市場で使われています。大学や建築事務所、またはデジタル化した設計図を取り扱うエンジニアなどのオフィスで幅広く活用されています。カラートラックは航空写真や衛星写真、GIS、または地図を作成するオフィスなどでのご使用に最適な高精度大判スキャナを提供いたします。

アートワークをデジタル化する

Articles August 1st, 2013


テクノロジに興味があるアーティストはアートの世界でその名を知られ易い傾向にあります。作品をより多くの人に見てもらおうとテクノロジを駆使するアーティストは認知度を即座に広げることができます。どんなに素晴らしい作品を持っていてもアート市場で成功するには作品をデジタル化し、いかに効率的に作品を宣伝するかと言うことを考えなければなりません。

大判スキャナを使って青焼きの原稿をスキャンする

Articles August 1st, 2013


青焼きの原稿をアーカイブする作業には大判スキャナのご使用をお勧めします。1861年にフランスの化学者Alphonse Louis Poitevin氏は光が特定の物質にもたらす化学作用を利用し、半透明紙に描かれた画像の複写を発明しました。その時代から今日までに複写の技術が急速に発達し現在では当時とは比べられないほどの技術で様々な原稿の複製が可能となりました。

大判スキャナ導入による5つの効果

Articles July 24th, 2013


建設、建築業、エンジニアリング、製造業などの事務所、または地方自治体、地方開発事業などに置いて大判の図面や設計図がよく見られます。これらの原稿は大判サイズであることが多く、扱いが難しい為、破損し易いと言う難点があります。また「紙」であることから時間と共に劣化することは避けられません。また大判の原稿の保管にはそれなりのスペースが必要となり、貴重なオフィススペースや限られた保管スペースを占領してしまうこともしばしばです。社内で共有するためにコピーをとり、保管することはこのスペースに纏わる問題をさらに悪化させてしまいます。 このような理由から大判スキャナが上記のような業界に積極的に受け入れられ原稿のデジタル化に活用されていることがご理解いただけます。オフィスでの「ペーパーレス化」を行うことで得られる「5つの利点」をご紹介します。