Articles August 2nd, 2013


Colortac mfp printer

大判MFPソリューションとは?

複数の機能を一つのデバイスに搭載した複合的な多機能周辺装置(Multifunction peripherals)はここ数年、オフィス内でもよくみられるようになりました。通常MFPにはスキャナ、プリンタ、コピー機が統合されています。このMFPは大判市場でも需要が高まり、一般的になりつつあります。

カラートラックの大判MFPソリューションはお持ちの大判プリンタにコピーの機能を取り込み、拡張させた複合機となっています。特にCAD図面や設計図を扱うユーザーには嬉しいデザインとなっています。ここでは大判MFPソリューションの活用方法をご説明します。

大判MFPを最大に活用できる場所

大判スキャナ市場ではMFPの普及が急速に伸びています。既にお持ちの大判サイズに対応するプリンタと大判スキャナの組み合わせで大判コピーシステムを構築できます。

カラートラックの大判MFPソリューションをコピーショップなどに導入されることで様々なメリットをご理解いただけます。青焼きや図面などのコピーの作成は利益の向上につながります。簡単に大判コピー機にアクセスできないユーザー層も新しい市場として開拓できます。

またビルや設備管理のオフィスでのご使用にも最適です。ビル内のガスの配管や電気の配線図などはメンテナンスのために、また法的な理由でも保存しておく必要があります。大判MFPソリューションはこのようなニーズに柔軟に対応します。

大判MFPソリューションの特徴

企業などで新しい機材の導入をお考えであればMFPソリューションは導入コスト押さえ、生産性を上げることで総合的なコストを抑えることに貢献します。

大判MFPスキャナで導入コストを抑える

既に大判プリンタをお持ちであればカラートラック大判MFPソリューションを増設することで大判コピーシステムを構築し、それぞれのデバイスを別々に購入するよりもはるかにコストを軽減することができます。運用費の低減を考慮してデザインされているカラートラック大判MFPソリューションはレンタルされるよりもご購入される方が将来的にコスト削減に貢献します。

既にお持ちの機器との組み合わせ

.カラートラック大判MFPソリューションは市場にあるほとんどの大判プリンタとの組み合わせが可能です。既にお持ちのプリンタを有効活用することができます。

SmartWorksソフトウェアを使って大判MFPソリューションを効率的に活用する

カラートラックSmartWorks EZソフトウェアは誰でも使える簡単な仕様でキーボード、マウス、タッチスクリーンに対応する画面は操作性に優れ、PDF、TIFF、JPEGなどのファイルフォーマットに画像を保存することができます。更にクラウドに出力することも可能です。

SmartWorks Pro COPYソフトウェアは高品質のコピーを作成することができ、コピーサイズや紙の中での画像位置の制御に優れ、コピーの失敗によっておこる紙の消費の無駄を防ぎます。

プリント出力をする前にプレビュー画面で画像を確認し、編集を行うことができます。高速スキャニングで高速プリントができ、時間を節約できます。Windowsの標準プリンタドライバ、またはカラートラック独自の内蔵プリンタドライバを通してお使いの大判プリンタにプリント出力ができます。

 

Comments are closed.