その他 October 1st, 2015


斬新なテクノロジーで大判スキャナの市場をリードするカラートラック社は同社の全機種、全ソフトウェアがマイクロソフト社Windows 10に対応することを発表しました。
Windows 10は7月29日に発売が開始されましたがカラートラックではそれに先立って対応の準備をしてきました。このため現行機種は全てWindows 10にフルに対応することが確認がされています。

対応機種

  • SmartLF SG
  • SmartLF SC
  • SmartLF SC Xpress
  • SmartLF Gx+T56

ソフトウェア

  • SmartWorks TOUCH
  • SmartWorks Pro SCAN
  • SmartWorks Pro SCAN & COPY
  • TWAIN driver

SmartWorks TOUCH

SmartLF SC Xpress、SmartLF Gx+T56でスキャニング操作を簡単に直感的に行える無償のソフトウェアです。便利なプリセット機能を活用することでスキャニング作業の時間を短縮し、生産性を向上させることができます。スキャンしたファイルの保存は、マルチページPDF、TIFFなどを含む14種類のファイル形式から選択できます。大判コピー、大判スキャニング、大判プリントの作業を効率よくサポートするツールです。

SmartWorks Pro

プロ仕様のSmartWorks Proは大判スキャニングのあらゆるニーズに柔軟にお応えするソフトウェアです(有償)。原稿のタイプに合わせた設定をあらかじめ保存することができ(10種類のプリセット)、ボタンひとつでご希望の画像品質が得られる最適な設定を呼び出すことができます。また広色域にわたるきめ細かい設定やスキャン後の画像へのプロフェッショナルな編集も簡単な操作で行うことができます。

常に最新のテクノロジーをサポートするスキャナ

SmartWorks TOUCHとSmartWorks ProのWindows 10での動作は、タッチスクリーン機能なども含めてすべて確認がとれています。カラートラックは常に最新のオペレーティングシステムをサポートし、高品質な画像を復元する製品を開発しています。

 

Comments are closed.