お知らせ, プレスリリース September 5th, 2013


SmartLF 大判スキャナ総販売数に於いて対前年比40%増を達成し、堅調な業績を発表

大判スキャナの市場を絶えずリードするカラートラック社は、同社の営業年度末月である2013年4月30日付けで、販売総台数ならびに総収益に於いて確実な成長を遂げたことを発表しました。カラートラックブランドであるSmartLF大判スキャナの全世界での販売総数は対前年比40%増を達成し、カラートラックグループ連結収益に於いては対前年比31%増の2250万ドル(USドル)を達成し、同社が定めた目標を12%上回る業績を達成しました。

近年における急速な成長について同社の常務取締役Peter Brownは次のように述べています。「コストパフォーマンスに優れた製品を生み出す製造体制、そして当社独自の新テクノロジー(シングルセンサー等)の開発に常に投資し続けてきた結果がこの実績を築き上げたと確信しています。品質、パフォーマンス、機能に於いて市場での要望に即対応できる体制を整えてきました。戦略的な製品、そして当社の斬新的な経営方針がマーケットシェアの拡大に繋がり、経済的な成長を遂げることができたと実感します。この経営方針は今後のさらなる成長の基礎となることと確信しています。お客様が当社SmartLF大判スキャナの品質、そして新技術を盛り込んだ斬新なデザインをご理解いただきご満足頂いていることに喜んでおります。当社のスキャナをご使用になり、お客様のビジネスにどのように投資効果をもたらすことができるかをご理解いただいていると思います。新製品を含めた当社の受注状況を見ても今後の販売数の上昇が見込まれています。世界的に不安定な経済状況の中でも今後の当社の継続した業績拡大を期待していただけると思います。」

詳しい情報については下記にご連絡ください。

山下徹
Tel: 045-548-6991
Email: t.yamashita@colortrac.com
Web: www.colortrac.co.jp

 

カラートラック社について

カラートラックは1989年の創設以来、常にコストパフォーマンスに優れた大判スキャナを開発するパイオニアとして世界市場をリードしてきました。当社は情報化社会の先駆けとして、大判サイズまでのあらゆる原稿をデジタル化し、複製する業界初のフルカラーモデルを世に送り出しています。当社の最新テクノロジー「シングルセンサー」は、大判原稿の画像読み取り処理の常識を塗り替え一歩前進したスキャニング技術として市場をリードしています。シングルセンサーはCCDとCISセンサーの長所を統合し、一本のラインセンサーとして開発されています。ユーザーによるメンテナンスを最小にし、超高速読み取りにもかかわらず、美しいカラーの再現力、そして精度の高いスキャンを作り出します。

この最新テクノロジー、シングルセンサーは新世代シリーズ、SmartLF SC大判スキャナに採用されています。最大のコストパフォーマンスを誇る当シリーズはグラフィックアートや製造業、エンジニアリング、GIS、地図などの原稿を取り扱うオフィスでご活用されることで最大の投資効果が得られます。

当社の誇る優れた品質と高い性能は、世界各国で高い評価を得ています。導入し易い価格とワイドな読み取りエリアを持つ豊富な製品ラインナップは、グラフィックアートや、建築、建設、製造、GIS、マッピング、土木測量、ゼネコン他の多くの分野で導入実績があり、カラー化やデジタル化に大きく貢献しています。

また当社は、CCD方式のシリーズとCIS方式のシリーズをいち早くフルラインアップした大判スキャナのメーカーとして広く知られ、市場ニーズやワークフローを的確にとらえて製品に繁栄させる姿勢を大切にしています。

カラートラック社は中国の北京と蘇州、北米ヴァージニア州のチャンティリ、日本の横浜、メキシコシティー、香港にオフィスを持ちます。

Comments are closed.